• HOME
  • about “eat at home”

about “eat at home”

<eat at home>は、料理研究家 飯塚有紀子が伝える、家で作って美味しく食べる暮らしのレシピサイトです。

2000年より20年間続けてきた「お菓子教室un pur…(アンピュール)」では、暮らしの中でつくるお菓子を伝えてきました。身近な材料を使い、つくりやすい分量、配合を考えたシンプルなレシピ。旬の果物をお菓子にして楽しんだり、焼きたてを食べられるのも家庭ならでは。贈る相手のことを想ってつくり、美味しいタイミングでプレゼントする喜び。昔からその土地でつくられてきた各国の郷土菓子の数々。 何度もつくりたいと思うレシピを考えてきました。

お菓子教室を続ける中で、この20年で私たちのライフスタイルや価値観が大きく変化してきたことを感じていました。そして数年前に出会った『パーマネントライフを探して』というフランス映画が、このサイトを立ち上げるきっかけになりました。
“私たちが今のライフスタイルを続ければ人類は滅亡するという学術雑誌「ネイチャー」の論文に衝撃を受けた女性が、自分たちの子供や未来のために、私たちが今できることを探しに行く”というドキュメンタリーでした。
この映画の中には、世界で起きている大きな問題を知り、それを解決するために身近にできる小さなことをすでに始めた人々がたくさん登場します。彼らのストーリーを見て「私も何か行動に移したい」という気持ちが高まりました。

そして思いついたのがこの<eat at home>です。
料理研究家は生産者さんと家庭を繋ぐ役割と感じています。食材について知ること、食を通して季節を感じる日々、保存食や発酵食など食材を大切にして長くいただく知恵。。。
家でつくる時間を楽しだり、みんなで美味しく食べる時間が何より大切に感じたり、レシピを伝えることが幸せな未来につながっていくことを願っています。

私自身もこのサイトを通して、食のパーマネントライフ探していけたらと思っています。

2020年 料理研究家 飯塚有紀子