プラムケーキ(すもものケーキ)


Summer Plum Cake


7月の声を聞くと梅雨が終わりを告げるかのように、黄色や赤に色づいたプラム(すもも)が店先に並びはじめます。
さっぱりとした甘みと酸味が特徴のプラムは、焼き菓子にすると色も甘みも濃厚に。今回は赤色が美しい品種「ソルダム」で作りました。
夏のお菓子づくりはなるべく手をかけずに作りたいもの。ささっと生地を作って、プラムを並べてオーブンへ。果汁の馴染んだ生地がじんわりと美味しい、夏のはじまりケーキです。

プラム(すもも)について
すももは、梅、桃、さくらんぼ、苺、りんごなどと同じバラ科の果実。漢字では「李」、英語では「Plum(プラム)」です。品種も多く、季節とともに収穫が移ろいます。皮が赤く実が黄色い「大石早生」に始まり、皮が緑で熟れると深紅へと変わる「ソルダム」、さらに「貴陽」「サマーエンジェル」などが続き、7月下旬頃から「太陽」そして「秋姫」へと、9月末頃で終わりを告げていきます。
収穫したては硬く、かなり酸っぱいですが、熟すと実はみずみずしくさっぱりとした甘みに。
たくさん手に入った時は、ジャムやコーンポートにすれば長期間楽します。

材料 | INGREDIENTS
18cm丸型1台分(底の抜けるタイプ)
・プラム(すもも) 4〜6個
・ブラウンシュガーB(またはきび糖、三温糖) 適量
・無塩バターB (5mm角・使うまで冷やしておく) 10g

【生地】
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・無塩バターA (1cm角) 40g
・ブラウンシュガーA(またはきび糖、三温糖) 80g
・塩 ひつとまみ
・シナモンパウダー 小さじ1/2
・生クリーム(45〜47%) 100ml

◇ 丸型がない場合はバット(約21×17×4cm)でも作れます。ページ下、Q&Aを参照してください。

◇ 生地はフードプロセッサーを使うと手早く簡単に作れます。フードプロセッサーがなくても手で作れます。2種類の作り方をお伝えします。

型の準備
型の底と側面にオーブンシートを敷いておきます。

下準備
プラムは大きい場合は8等分、小さい場合は4等分に皮付きのままカットしておきます。

オーブンを190°Cに予熱しておきます。

<フードプロセッサーで作る生地>

1. 生地の全ての材料を冷蔵庫で冷やします。(冷蔵庫で30分くらい)
薄力粉、ベーキングパウダー、無塩バターAをフードプロセッサーに入れ、バターがあずき粒くらいの大きさになるまでかけます。

◇ 冷やす理由はページ下のQ&Aをご覧ください。

2. ブランシュガー、塩、シナモンパウダーを加えます。

3. 生クリームを加え、全体が馴染むまでフードプロセッサーをかけます。
〔 作り方 7 へ → 〕

<手で作る生地>

1. 無塩バターは5mm角にカットし、生地の材料を全て冷蔵庫で冷やします。(冷蔵庫で30分くらい)
ボウルに薄力粉、ベーキングパウダーをふるい入れます。

◇ 冷やす理由はページ下のQ&Aをご覧ください。

2. 無塩バターAを加え、粉をまぶしながら指先をすり合わせてバター潰します。

3. 無塩バターの大きな塊がなくなり、サラサラの粉状に。

4. ブラウンシュガー、塩、シナモンパウダーをふるい入れます。
◇ 三温糖を使用する場合は、ふるわなくて良いです。

5. 生クリームを加えます。

6. ゴムベラで粉気がなくなるまで混ぜます。

7. 生地を型に入れ、平らにならします。

8. プラムを並べます。

9. ブラウンシュガーを茶漉しで全体にふるいます。

10. 無塩バターBを散らします。
190°Cに予熱したオーブン(2段の場合は下段)で 35〜40分焼きます。

11. 表面の生地が水っぽくなく、乾いていれば焼き上がりです。
焼きあがったら型のまま網の上で冷まし、粗熱が取れたら型をはずします。

焼き立てを切り分けてどうぞ。
常温での保存が良いですが、気温と湿度の高い夏は1日くらいが限度です。それ以上保存する場合は冷蔵庫に入れてください。冷蔵庫で保存すると生地は少し締まりますが、冷たいケーキとしても美味しいです。


Q & A


Q. 材料を冷やしておく理由は?

A. 粉の中でバターを粉状にするとサックっとした仕上がりになります。作業中にバターを溶かさないために、すべての材料を冷やしておくのです。バターが溶けてしまうとベタっとした生地になってしまいます。

Q. フードプロセッサーを使う理由は?

A. フードプロセッサーは回転しながら材料を細かくカットするマシンです。バターを手で触らずに細かくカットできるので、バターが溶ける心配がありません。失敗なく均一につくれることと、夏でも手軽に生地ができるのでおすすめです。
その他、スコーン、サブレ、パイ生地にも活躍します。


Q. プラムの果物でも作れますか?

A. 杏、桃、洋梨などがおすすめです。完熟ではなく、少し硬い状態が良いです。


Q. 丸型を持っていません。

A. バット(約21×17×4cm)でも同じように作れます。作り方は下記です。

 バットにオーブンシートを敷いておきます。

生地をバットに入れて平らにならし、プラムを並べます。ブラウンシュガーとバターを散らます。190°Cに予熱したオーブン(2段の場合は下段)で 30〜35分焼きます。

焼き上がったらオーブンシートごと型からはずします。

FURTHERS